macOS Mojave 以降でオーディオがDAWに入力されないトラブルの対処法




スタジオをブラッシュアップするために無金利キャンペーンを利用して、Mac mini(2018 : 3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7)を購入しました。


入力ができないトラブル



このMac mini、はじめからmacOS Mojave だったのですがこれがネックとなり、DAWで入力が認識されない状態が続いていました。

2週間ほど格闘してようやく解決したのでその方法を書きます。macOS10.14(Mojave)以降のOSで…
  • DAWの音はオーディオインターフェースの出力から出るのに、入力の信号がDAWに入らない。繋がらない。
  • DAWの入力が反応しない。
  • つまり録音できない。
こういう症状で困っている方は試してみてください。


対策



【システム環境設定】から【セキュリティとプライバシー】をクリック。

左ウィンドウにある「マイク」を選択し、お使いのDAWのアイコンのボタンにチェックを入れてください。これでOK。




↓詳細はこちら
macOS Mojave 以降のインストール後にオーディオを録音できなくなった場合
https://support.apple.com/ja-jp/HT209175

このマイクというのがオーディオインターフェースの入力にあたります。「そんなば
かな…」と呆れました。

まあ細かいことは抜きにして、これでようやくまともにレコーディングができるよう
になりました。


おまけ



なぜこんな面倒なことをしないといけないのか?

どうやらMacのマイクを使って他人のプライバシーを盗聴しようとする輩がいるそうで、それに配慮したものということです。

現地時間2018年06月04日にカリフォルニアで開催されたWWDC 2018で発表された内容でした。

https://applech2.com/archives/20180605-mojave-update-privacy-and-security.html