ハイファイ ベースアンプ その9

この記事は2009年、mixiで書いていたものを転載したものです。




やっとのことで自作アンプ1号の音を録音しました。


(※2020年現在、音声データは削除されており、聴くことはできません)

録音条件
****************************************
●ベース
 Ken Smith BSR5J MW

●プリアンプ
 べリンガーBASS BDI 21
(サンズベードラのパクり。
  アンプシミュレーターと歪みは使わない。
  完全にDI&プリとして使用。EQも全てフラット。)

●パワーアンプ&エンクロージャー
 自作アンプ

●マイク
 RODE NT2 コンデンサーマイク

●PC周り
 Cubase SX3、Presonus FireBox

●録音環境
 自宅リビングにて。
 音量は
 「週末の昼くらいならなんとかなるけど
  夕方からは絶対に苦情が来る」
  くらいの音量。けっこうでかい。
以上。

***************************************

↓3つのmp3があります。

■nomal_1
ベースのEQはフルフラット。
PUののバランサーは真ん中。
単純に弾いただけ。

ベースもアンプも両方ともmidが強いので
普段はこの音では演奏しないが
KenSmithの本領発揮といった感じ。


■nomal_2
PUをリアのみにして弾いた。
なんちゃってジャコパス。

■slap_track
どうせなら使える音に調整して、レコーディングに使えることを証明しよう、と。

ベースのEQのミドルを30%ほどに。
プリとベースの間に
●コンプ
 MAXON CP9+ pro
を入れた。


録音後、Cubase内でEOとコンプを少し使い、
ドラムになじむようにした。
****************************************
続く