ニアフィールド ベースアンプ その6

この記事は2009年、mixiで書いていたものを転載したものです。




塗装

まず…

またやってしまった。前回に引き続きまた仕上げに不満が残る結果になった。
アンプとしての性能には影響ないから我慢するか。

37893965_1003697293.jpg

えー、今回は塗装をします。前回は人工ワニ皮を貼りましたね。
素材であるMDFという材は、木を粉末にした後、接着剤で固めて作られた物です。
そういったことから、水分をものすごくよく吸います。塗料もしかりです。
なのでMDFに塗装する前には必ず「サンディングシーラー」という液で
水分を吸う穴をふさいでやります。

37893965_1483894710.jpg
ハケで丁寧に、少し厚めに塗ります。乾くとこんな感じ。
ニスを塗ったみたいなツヤが出ますが、表面はハケの痕でガタガタです。

ここからガタガタ、ザラザラな表面を磨く!
37893965_1350888177.jpg

37893965_3913206730.jpg

37893965_3919835952.jpg

するときれいな平面が出て、ツルツルになります。
手で触っても滑らかだし、木の継ぎ目も分からないくらいにきれいになります。

次がミスの元凶だった。
今回はいろいろワケあって赤色にします。
ホームセンターで買った赤い塗料をハケで塗ってしまいました。
「ハケムラは後で紙やすりで慣らせばいいや」
とかるく考えていたのですが、ハケのムラってそれどころじゃないんですね。

37893965_3302126925.jpg
塗って乾かして、磨いて。
塗って乾かして、磨いて。
塗って乾かして、磨いて。
と何回繰り返しても色ムラが取れない。
「始めからスプレーにしときゃあよかった」と悔やんだところでもう遅い。
結果的に、なんだかよく分からないムラのせいで木目のようなものがついた。

37893965_3061584883.jpg
よし、これはこれで良いってことにするぞ。
これも自作の「味」だ。



続く